facebook twitter instagram
ロゴ
2019.10.2

さくラボ開催レポート【タビの人、コミュニティ・ビジネスに挑戦!(林業編)】

先日9/28(土)のさくラボは、桜クリエ2Fの「カフェトリアン」内で開催しました。今回は女性起業家(+移住者)の体験談を直接お伺いするという企画です。

◎コミュニティ・ビジネスとは
ソーシャルビジネスのうち、より地域性のあるもの
◎ソーシャル・ビジネスとは
市民が主体となり、社会・地域の課題を事業の手法で解決するもの

講師としてお招きしたのは
一般社団法人moribio森の暮らし研究所
代表理事 江尻美佐子 氏

まず、江尻さんの「起業」前のストーリーからお話がスタートしました。

富山に家族で移住したいと思ったときに一番のネックは「仕事」でした。仕事がなければ、生活できない・・・そんな思いでいたときに出会ったのが、たまたま「林業」でした。

林業ならば富山へ移住することもできるという思いで、富山県内の各自治体にお手紙を送り、その中でも一番親切だった南砺への移住を決定することになります。

南砺市に家族で移住し、地域に人に支えられて林業という「生き方」と出会い、仲間を作り仕事をする中で
「地域が元気でないと自分たちの仕事を続けていくことが 難しくなる。だったら、地域の課題を自分たちができることで解決していこう」
そんな思いから、コミュニティ・ビジネスへの挑戦が始まります。

林業は自然の恵みを使わせていただく生業です。伐採した木を余すところなく使うために試行錯誤しながら、様々な商品開発へと展開していきます。

林業との出会いそのものは偶然だったとしても、自分たちのビジネス、自分たちのコミュニティを守るため、 TOGA森の大学校など、次々と新しい挑戦を続けていらっしゃるそうです。

講義のあとは、カフェのお茶やコーヒーでくつろぎながら、参加者同士の意見交換。

今回は特に、自然教育、環境教育などテーマへの関心が高い参加者が多く集まっておられたこともあり、非常に盛り上がりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎次回のさくラボは
【さくラボ*Biz Vol.3】
「川田ニッティンググループファクトリーブランドtococie(トコシエ)」
10月10日(木)14:00~15:30

詳細はこちらのイベントページをご確認ください

参加費:無料
定員:15名

申込はこちらのフォームよりお願いいたします。
(事前申込が必要です)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【さくラボ公式Facebook】
https://www.facebook.com/sakulabo2018/

●今後のさくラボ情報、お申し込みは
https://peraichi.com/landing_pages/view/nanto-sakulabo

●問い合わせ先
南砺市クリエイタープラザ TEL0763-62-3106(受付時間9:00~17:30)
sakulabo2018@gmail.com

PAGE TOP